お金の使い方


スポンサードリンク

~多く入りすぎたらほどほどに手放すこと~

 

お金には

汚いエネルギーが

たくさん入っているんだって!!

 

人の念や、

欲がこもっているからなんだそうです。

 

収入がたくさんあるということは、

悪いエネルギーもたくさんもらっているということ。

 

だから、

たくさんあるときは、

ほどほどにしたほうがいいのだそうです。

 

なるほどね。

 

バブル全盛期の頃は、

成り金がたくさんいました。

でもすぐに

スッカラカンになってしまいました。

 

お金の垢が積もりすぎたかららしいです。

 

急激に

負荷がかかったから

失うのも

早い。

 

急に

お金持ちになって

幸せになった人は

ほとんどいないんだって。

 

 

「汚いお金を浄化させる」

という触れ込みで

宗教が勧誘してくる場合もあるとか。

 

そういう宗教で

お金を浄化できたためしはなく、

逆に

ますます念がこもって、

汚くなるのがオチ。

 

 

お金にはエネルギーがあるということを

わきまえて

ほどほどに

流していくことを心がけないと

 

お酒と同じで

飲んでも飲まれるな

という

節度が大切なんだそうな。

 

 

でも

収入が増えたら嬉しいから

浮かれて

使ってしまうのが

私のパターンやから

気を付けているけれど。。。

 

収入が増えときは

それは

素直に喜んでかまわないけど、

 

努力の結果、

お金の循環が良くなってきたのだから、

その分、

人のために使ったり、

寄付したりすることで

負荷を軽くしないといかんのだ。

 

それが

お金の賢い使い方なんですな。

 

慈善事業や文化事業にお金を寄付している

お金持ちは

お金の負荷を軽減させているんだな。

 

儲かったら

必ず人のために使うことを

考えよう。

 

ここでも

バランスが大事なのは同じ。

 

この宇宙は

陰と陽

プラスとマイナス

裏と表

 

どちらかに偏っていることは

不自然なんだな。