お財布の風水


スポンサードリンク

~お金が暮らす家、お財布も環境を整えることが大切~

お財布は金運を左右するということは

なんとなく聞いたことはあった。

自分より収入の多い人の使っていた財布をもらって使うと良いとか、

黄色い財布がいいとか、いろいろ聞くけれど、

半信半疑だった。

この際、そこらへんも、見直してみようかと思う。

というのも、

環境を整えるということを学んでから、

早速、キッチンの大掃除をした。

そしたら、ずいぶんといろんなものをためこんでいたんだなーと実感したり、

キッチンだけではおさまらず、トイレも、お風呂場も、

押し入れの中も、玄関も、とにかく

あちこち掃除しなくてはいけない気になって

家じゅうがきれいになっていくなかで、

なんだか自分の中身もきれいになっていく感じがして

すごく気分が変わったし、

なんだか運気という「氣」が変わっていく感じを実感できたからだ。

そこで、金運の重要なアイテム お財布の風水についても

学んでみようと思う。

 

~どんな財布がいいのか~

お財布を持たず、

お札や小銭をそのままポケットに入れて持ち歩くというのは

金運とは縁遠くなるらしい。

お財布は肌身離さず持ち歩く、豊かさのシンボルなんだとか。

金運アップのお財布とは、

そのお財布を手にするたび、見るたびに、

自分が満足感を得られるようなものがいいらしい。

このへんは、

こんまりさんのときめくものだけ残すという片づけ術と通じるところもあり、

やはり、氣と波動とエネルギー

なんだなーと

妙に納得もする。

結局、

よりよく生きるための本などを読み漁っていると、

いろんな言い方、言い回しで言われていることは

どんなことも一つの真実、真理なのだとわかってくる。

そこから外れた考え方で生きていると

私のように失敗して

もがいて

苦しみばかりがやってくるという人生になるわけだ。

で、

財布は

二つ折りや薄いものより、厚みがあってふっくらした長財布がベストなんだと。

色は何色でも良いらしいが、

前向きにお金をふやして、

人生をより良く発展させていこうというのならば、

黒は避けるということだ。

黒は安定、停滞を意味するから、

発展して増えないということらしい。

 

~お財布の扱い方~

よく男の人がズボンの後ろポケットに財布を入れているけれど、

あれはお金をお尻で踏んでいるということで

良くないらしい。

お財布は人の懐なので、胸ポケットに入れるべしと。

女の人の場合よくあるのは

お財布を入れたバッグを乱暴に扱うというのは

なかに入っているお金を粗雑に扱っているのと同じことなので

家に帰ってバッグを無造作に床に置きっぱなしにするのは

ダメらしい。

床は邪気がたまりやすい場所なんだとか。

持ち主に邪険にされたものからはネガティブな氣が発生するので

金運が逃げていってしまうんだって。

バッグは床に置かずに

ソファやテーブルの上に置くようにするといいらしい。

確かに、お金持ちの人たちは

お荷物を大事に運んでくれる人がいたりして

床に無造作に置いたりしてないよなって思ったぞ。

 

~財布の買い替え~

お部屋のお掃除と同じで

財布も汚くなる前に買い替えるようにするのだそう。

買い替えの時期は、

お正月や季節の変わり目、

誕生日、

お金の日である庚申の日にするといいらしい。

庚申の日はカレンダーに書いてあったりするのを

見たことはあったけど

60日間に一度ずつめぐってくるので

2か月に1回は庚申の日があるんだってことも

知らなかったな。

庚申は帝釈天をお祭りする日なんだと。

その神様が祭ってある神社を

お参りする日なんだってことも知らなかった。

そういう、

神様とか、神社、仏閣の歴史とか、

そういうことを無視して生きてきたからな~。。。

やはり、大事なことはみんなつながりがあるんだな。

これらも学んでいくとおもしろそうだという興味もわいてきた。

お財布を買い替えたら、

古いお財布の処分だけれど、

役目を果たしたお財布に

「ありがとう、ご苦労様」という気持ちを込めて

白い布に包んで処分するんだそうな。

これも、

こんまりちゃんが言ってることと通じる。

こんまりちゃんも

物にありがとうと言ってあげると言っていた。

 

~お財布のなか~

お財布の中のお金のしまい方も金運を左右する大切な習慣。

お財布のなかを見ると、

その人がお金を大切にしているかどうかがわかるんだとか。

住まいと同じように

お財布のなかがきれいに整理整頓されていると

金運も上がる、やはりエネルギーなんだな。

札入れと小銭入れは別々が理想らしい。

金額の大小やお札と小銭の使い方の区別をつける感覚が

身についていくからなんだそう。

お札は折らずにピンと張ってお財布に収納するのは基本とのこと。

1万円札、千円札、とそれぞれまとめて

高額の紙幣から奥に入れて、

手前に千円札がくるように入れる、

うん、これはやっていたから大丈夫。

お札を逆さにして入れるとお金が出ていかないってきいたことがある。

それについて調べたら

やはり、お金について守りの姿勢の場合、逆さに入れるらしいが

逆さに入れるとお金は出ていかない=循環しない=停滞。

お金持ちになりたい人は、

お金は循環させてこそ金運に結び付くので、

発展させるためには

お金は出さないと自分に返ってこないから

お札は逆さにしないで

お札の人物の顔としっかり向き合えるように入れて

有意義なお金の使い方ができるようになって

お金を出すということなんだそう。

なるほど~。

いろんな うんちくがあるんだな~。

財布のなかに

レシートやカードなどでごちゃごちゃなのは

もちろん

氣が乱れるのでダメ。

きちんと分けてしまって整理しておくことは

もう基本なんだなと。

あと、

これは知らなかった、

買い物のときは

大きな単位のお金を崩すと運気が下がるので

小銭から使うんだと。

すぐ1万円札出して崩してしまう生活だった私。

(;´д`)トホホだよ、まったく。

 

~帰宅後の財布はバッグから出す~

帰宅したら

財布をバッグのなかから出して

蓄財の方角 北東に収納する。

 

こんなことしてたら、

次の日、財布忘れて出かけちゃいそうだぜ。

 

でもやるしかないな。

なんたって、

今までの習慣が

この今の貧乏状態につながっているんだから

今までと違うことをしないといかんのだ。

 

まずはお財布の買い替えを庚申の日にやるところからだな。

次の庚申の日は

2017年8月1日。

よし、財布の買い替えだ。