毎月の支出額を正確に把握する。


スポンサードリンク

家計簿は毎月つけている。

支払い忘れがないか、チェックする必要があったからだ。

そう、

返済するところが

何か所もあって

わからなくなるという多重債務、

自転車操業状態だったからだ。

 

現在は

債務の方は、弁護士さんに

お願いしているので

あちこちに支払いをすることは

ないのだが、

それでも

毎月

お金がない。

 

毎日

毎日

働いている。

 

収入より

支出が多いっていうことだろ!

ってつっこみを自分でいれている。

 

そう、

家賃が

10万円で

かなりイタイ。

 

数年前、

いまのマンションに

引っ越してきたときは

毎月35万円くらいの収入があったので

この家賃でも

やっていけると思って入居した。

 

いまは、

収入が27万~29万円くらいに落ちているのと、

税金の滞納分を

分割で支払いしているのが

大きい。

 

税金は

自己破産の債務には

含まれないのだ。

 

だから

容赦なく

督促状がくるし、

差し押さえもされる。

 

もちろん

差し押さえられるような

財産は

何もない。

 

そういう場合、

給料を

差し押さえられてしまうので

せっかく毎日

借金のために働いていても

家賃も払えない状態になってしまうので

もう

生きていけない。

 

収入が多かった時の

税金が

かなり高く

滞納しているので

少しずつ

払わせてもらっている。

 

収入を上げるには

正社員で働くことなのだが、

2回目の自己破産を

これから

やろうとしているので

差し押さえなどをされたときに

事務の方たちに

ばれてしまって

居ずらくなるのは

嫌なので

単発の派遣で働いている。

 

単発派遣は

日給月給で

その月によって

仕事があるなしの変動もあるし

毎月、次の月の仕事を確保したりするのも

けっこう大変だ。

 

かといって

社員になるのは

ちと

こわい。

 

前回、

1回目の自己破産の手続き中に

給料の差し押さえにあった経験があり、

事務方から呼ばれ、

上司に呼ばれ、

どういうことなのかを説明することほど

嫌なことはなかった。

 

普段の

仕事は

優等生なので

上司も

どういうことなのかって

ききたがって

厄介だった。

 

家賃の安いところへ

引っ越すための

引っ越し費用なんか

ないから

ここで

家賃を払いつつ、

弁護士費用を貯めて

引っ越し費用を貯めて

いくしかないと思っている。

 

今より

もっと

仕事の量を増やすしか

収入アップの目途はつかない。

 

もう甘い言葉には

のらない。

 

甘い言葉とは

インターネットビジネスの

勧誘や

投資の勧誘

 

お金を増やしたいと思って

始める

そこには欲があり

お金は増えない

 

もちろん

私に

センスがないのだろう。

 

インターネットビジネスや投資で

成功している人は

たくさんいる。

 

私は

もっと大事なことを

理解するまでは

お金に困る人生が続いていくのだと

なんとなく

わかってきている。

 

自分と向き合って

何をするべきなのか

自問するしか

答えはでない。

 

誰のせいでもない

 

自分のせいだからだ。