毎月の支出額を正確に把握する。

家計簿は毎月つけている。

支払い忘れがないか、チェックする必要があったからだ。

そう、

返済するところが

何か所もあって

わからなくなるという多重債務、

自転車操業状態だったからだ。

 

現在は

債務の方は、弁護士さんに

お願いしているので

あちこちに支払いをすることは

ないのだが、

それでも

毎月

お金がない。

 

毎日

毎日

働いている。

 

収入より

支出が多いっていうことだろ!

ってつっこみを自分でいれている。

 

そう、

家賃が

10万円で

かなりイタイ。

 

数年前、

いまのマンションに

引っ越してきたときは

毎月35万円くらいの収入があったので

この家賃でも

やっていけると思って入居した。

 

いまは、

収入が27万~29万円くらいに落ちているのと、

税金の滞納分を

分割で支払いしているのが

大きい。

 

税金は

自己破産の債務には

含まれないのだ。

 

だから

容赦なく

督促状がくるし、

差し押さえもされる。

 

もちろん

差し押さえられるような

財産は

何もない。

 

そういう場合、

給料を

差し押さえられてしまうので

せっかく毎日

借金のために働いていても

家賃も払えない状態になってしまうので

もう

生きていけない。

 

収入が多かった時の

税金が

かなり高く

滞納しているので

少しずつ

払わせてもらっている。

 

収入を上げるには

正社員で働くことなのだが、

2回目の自己破産を

これから

やろうとしているので

差し押さえなどをされたときに

事務の方たちに

ばれてしまって

居ずらくなるのは

嫌なので

単発の派遣で働いている。

 

単発派遣は

日給月給で

その月によって

仕事があるなしの変動もあるし

毎月、次の月の仕事を確保したりするのも

けっこう大変だ。

 

かといって

社員になるのは

ちと

こわい。

 

前回、

1回目の自己破産の手続き中に

給料の差し押さえにあった経験があり、

事務方から呼ばれ、

上司に呼ばれ、

どういうことなのかを説明することほど

嫌なことはなかった。

 

普段の

仕事は

優等生なので

上司も

どういうことなのかって

ききたがって

厄介だった。

 

家賃の安いところへ

引っ越すための

引っ越し費用なんか

ないから

ここで

家賃を払いつつ、

弁護士費用を貯めて

引っ越し費用を貯めて

いくしかないと思っている。

 

今より

もっと

仕事の量を増やすしか

収入アップの目途はつかない。

 

もう甘い言葉には

のらない。

 

甘い言葉とは

インターネットビジネスの

勧誘や

投資の勧誘

 

お金を増やしたいと思って

始める

そこには欲があり

お金は増えない

 

もちろん

私に

センスがないのだろう。

 

インターネットビジネスや投資で

成功している人は

たくさんいる。

 

私は

もっと大事なことを

理解するまでは

お金に困る人生が続いていくのだと

なんとなく

わかってきている。

 

自分と向き合って

何をするべきなのか

自問するしか

答えはでない。

 

誰のせいでもない

 

自分のせいだからだ。

 

働けど働けどお金がない|д゚)

6月になった。

5月の支払いも

なんとかできた。

月の初めは

月末の支払いに

間に合うように

15日締めの月末払いの会社を

絞って

15日まで

ただ 働く。

 

収入はあるけど

月末に支払いをするのが

精一杯

毎月 支払いをするのがやっとで

手元に残るお金でなんとか

次の収入がある日まで

食いつなぐ

 

そんな毎日に疲れ果て

仕事のモチベーションは上がらない。

 

仕事はお金のためにやっているからだ。

 

数年前までは

仕事でなんとか成り上がりたかった。

 

そんな

すべてが

まちがっていたんだと

今 やっと

わかる。

 

どこらへんから

まちがえてしまったのか、

よく考えるのだけれど

 

最近

わかったのは、

もうすでに

産まれたその環境が

お金に翻弄される

運命だったんだということだ。

 

博打三昧で

家に帰らなかったという祖父

そのために

幼少期から

貧乏生活をしていた私の父は

やはり、

人生の一発逆転を

夢見て

事業に失敗

夜逃げをした。

父が夜逃げをして

どこかへいなくなったとき

私は15歳だった。

 

家に

恐い人たちが来たりしたけど

何が起きているのか

あの頃は

理解できていなかった。

 

家を売って

小さなアパートに

母と妹と

移り住むことになったときも

すべてを受け止めていたわけでは

なかった。

 

そんな

生い立ちが

 

お金に

苦しむ人生を

歩いてしまった原因のひとつだと思う。

 

ないものを

欲しがる。

 

その

「欲」が

間違った道へ

迷い込む

原因なのだ。

 

私は

お金持ちになって

父と

素敵なレストランで食事をしたかった。

旅行にも連れて行ってあげたかった。

 

そのためには

お金持ちになるしかないと

思っていた。

 

そして

お金は

増えるどころか

借金だらけで

なくなるばかりだった。

 

お金がなくたって

父と

ごはんくらい食べられたのに

 

お金がなくたって

父と

散歩くらいできたのに

 

お金がないと

何も

してあげられないと

思っていた。

 

だから

働いて

事業をやらなければと思い

 

お金持ちの人たちの

考え方を学んで

貧乏マインドを直そうと思い

 

お金持ちの人たちに

すすめられた投資をやってみたりした。

 

絶対

いつか

お金持ちになってやると思って

使ったお金は

手元には

戻ってこなくて

 

結局

 

父の

亡くなる

その時に

駆けつける

お金もなかった。

 

交通費すらなくて

父のところに

行けないなんて

 

いったい

なんのために

 

お金持ちになりたかったんだろうか。

 

ないものを

満たしたかった、

ただ

それだけなんじゃないだろうか

 

ないものは、

お金と

父との時間

 

結局

 

両方

なくしたままに

なってしまった。

 

そんなこともあり、

生い立ちや

カルマや

そんな本を読みあさって

 

私は

「お金」というものに

もっと

ちゃんと

向き合わなければ

いけないんだと思った。

 

そして

すべての苦しみは

人間の

「欲」

であるというところまでは

理解できるようになった。

 

苦しみは欲がある限り続くらしい。

 

その

後始末が

まだ

残っている。

 

2回目の

自己破産の

手続きを

進めているが、

弁護士費用が

なかなか

貯まらない。

 

「苦」は

まだまだ

続くのか。

下層の塵屑の独り言を書いていきます。

数々の

失敗をしてきて

 

それでも

自分を誇示しようとしていた

 

そんな

自分は

本当に

塵屑だなと

思うように

なったので

 

失敗を振り返りながら

もっと深く自省したいと思います。

 

そんな

独り言です。